氣志團 [ 2004.07.25. 代々木第一体育館 ]
LIVE

氣志團 [ 2004.07.25. 代々木第一体育館 ]

ロゴがボウイのパロディという彼らの秀逸なセンスに一目置くようになったあの日から、いつかは観たいと思っていた氣志團のライブ、もといGIG。あのまんまのいでたちで下北沢を闊歩している姿を何度か見掛けたことがあったが、いまとなってはジャニーズに匹敵する押しも押されぬロックンロールのスーパーアイドルとしてのポジションにまで上り詰めているのだった。凝りに凝ったエンターテインメントなショーを繰り広げ、客の9割は熱心なリピーターなのか完全に振り付けをマスターして、共にショーを作り上げている密接な関係を築いている。合間合間での綾小路翔のおしゃべりもaiko以上に非常に長く、それだけで1時間はあったと思うが、これがいちいち面白い。結果3時間を越える、濃厚で充実しきりの氣志團GIG。見せ方としてはアイドルそのもののショーをパロディにしたような楽しいものであったが、彼らほど真摯で信頼できるロックバンドはいないのではないか。コンプレックス「BE MY BABY」のサウンドで幕が開くことが、こんなに気持ちがいいとは! 秋のツアーでは、とうとう東京ドーム進出。これはまさに、ゆず以来の大当たり? いやあ素晴らしい。

set list
1.アンドロメダの先輩 2.湾岸夢想曲〜ルシファーズ・ハンマー'94〜 3.デリケートにキスして 4.雷電 5.BOYS BRAVO! 6.鉄のハート 7.恋人 8.謬 9.PETERPAN EXPRESS 10.スクール★ウォーズ 11.甘い眩暈(微熱DANJI) 12.ゴッド・スピード・ユー! 13.キラキラ! 14.NIGHT THE KNIGHTS 15.One Night Carnival
encore 1
16.結婚闘魂行進曲「マブダチ」 17.スウィンギン・ニッポン 18.ゆかいな仲間たち
encore 2
19.族 20.黒い太陽
posted on 2004/08/04
キラ キラ! / 氣志團
SINGLE

キラ キラ! / 氣志團

露出、認知、評価、ともに理想的で、バンドとして完成形に至ってしまったのではないかという思いもしていた氣志團が、ここにきて猛烈に素晴らしいシングルを発表してくれた。こんなに本気でカッコいいビートロックを鳴らされては、心にロックを持つリスナーは全員トリコになってしまうだろう。また間奏でヘビメタに転調して銅鑼とか鳴ってるところも最高!! そんなかつてないほど重厚な音圧とともに、綾小路翔のロック・ボーカリストとしての破壊力も見事に引き出した傑作。おおおーっ!!って思わず嬉しくて楽しくて唸ってしまう、このシンプルなわかりやすさは本当に感動的だ。ひょっとしたらミッシェル・ガン・エレファント周辺のファンも巻き込んで、この先さらに氣志團は凄いことになってしまうかもしれない。

posted on 2004/02/21

PAGE TOP