RED HOT CHILI PEPPERS [ 2007.06.05. 東京ドーム ]
LIVE

RED HOT CHILI PEPPERS [ 2007.06.05. 東京ドーム ]

スタジアム級の人気を認めながらもドームで観る事に違和感を感じていましたが、始まったら何の抵抗もなくガッツリ盛り上がれました。ステージの大きさ関係なくいつも通り小さく集まって演奏するバンドの圧倒的な力を見せつけられた感じです。凄かった! あっぱれ! サイコー! でもって、ジョン・フルシャンテ大好きだー!! 超絶でありながら泣きのギターが今日もたまりませんでした。ソロ弾き語りでのコーナーはアバとフリートウッドマック。猛烈によかったよぉ~。

set list
1. CAN'T STOP 2. DANI CALIFORNIA 3. SCAR TISSUE 4. CHARLIE 5. READYMADE 6. THROW AWAY YOUR TELEVISION 7. BLOOD SUGAR SEX MAGIK 8. JOHN FRUCIANTE'S SOLO(SOS~SONGBIRD) 9. SNOW((HEY OH)) 10. GET ON TOP 11. C'MON GIRL 12. ME & MY FRIEND 13. DON'T FORGET ME 14. TELL ME BABY 15. CALIFORNICATION 16. BY THE WAY
encore
17. UNDER THE BRIDGE 18. GIVE IT AWAY
posted on 2007/06/05
FUJI ROCK FESTIVAL ’06 [ 2006.07.28-30. 苗場スキー場 ]
LIVE

FUJI ROCK FESTIVAL ’06 [ 2006.07.28-30. 苗場スキー場 ]

フジロック。行けば行くほどモチベーションというかロック度が減少しているわけですが、今年はついに同行のSさんが代表引退を表明したこともあって、ほぼ単独でピンポイントをおさえつつ、力の限り苗場の広すぎるピッチで戦ったつもりであります。

金曜日は少し仕事してたので、湯沢の宿のチェックインして苗場についたのは夜の7時。レッドでロジャーマニングの最後一曲だけ間に合う。地肌に革ジャンのロジャーさんは音も意外とハードロッキンでした。終わってビール飲んで、アジア麺なるものを食うも、不味いというか味がなくて大失敗・・・。食後は夜の美しいボードウォークを抜けてオレンジで細野晴臣。出番がいっこ前だった矢野顕子との共演もあって、いいもん見れたと納得。途中少し雨。グリーンに戻るとフランツフェルディナンド演奏中で数曲楽しむ。まあカッコええ感じ。ホワイトに移動して柵近くにてマッドネス。前日もAXに単独を観に行ってしまったわけですが、今日も素晴らしかった。名曲オンパレード。楽しくてたまらん。長いバス待ちで3時過ぎにホテルに戻り、Sさんの到着は6時半だった。

フジロック土曜日。昼過ぎに苗場入りして、まずはビールとグリーンでキングトーンズ。ほどなくレッドでミステリージェッツを観るも、人口密度がどんどん上がってくる割にライブはすごくダメで、ガッカリしながら途中で抜ける。MTVステージの公開収録でクーラシェイカーを待ってると、空から無情の雨。それでもどえらい人だかりでステージ見えず、アコースティックライブで披露した曲が新曲なのか盛り上がらず、ガッカリしながらレッドへ移動。始まったザ・ライクは女子の3ピース。コステロ&ジ・アトラクションズのドラム、ピート・トーマスの娘がいることくらいしか知らなかったけど、音はシューゲイザーて感じ。ギターのエフェクトがギンギンいってるが、この手のものは曲知らないと盛り上がれないわけで、ガッカリしながら途中で抜ける。HMVテントでクーラシェイカー再びのアコースティックライブに遭遇で、知ってる曲を披露してくれたものの一曲で終了。その後出てきたウルフマザーはなんとなくトークのみで、ガッカリしながらトイレへ移動。勘弁してくれという行列に豪雨が重なり、20分後ようやく用を済ませたところでSさんがリタイア宣言。僕も雨がたまらずリストバンド交換所近くのスキーハウスへ避難。うどん食べてしばらく体力温存の後、グリーンでソニックユース。これはこれで伝統芸能の域に達しているようなソニックスらしいライブ。雨が上がって足場のいいポジションを確保して、今日のすべてを捧げるは電気グルーヴ。NO~シャングリラの歓喜に始まり、富士山~虹の絶頂でレッチリの客も全部ひとつに。もうたまらず涙出ましたよ。ホントよかった・・・。レッドでは最後のクーラシェイカー。中に入れないので近くで座ってたら懐かしの曲がハッシュのカバーも含めて次々と。最後のレッドホットチリペッパーズは2曲目でダニカリフォルニアが聴けたので、3曲目のスカーティッシューまで聴いて退散。土曜日は本当にとんでもない人の多さだったけど、さすがにこのタイミングで帰りのバス待ちはなかった。できればシザーシスターズまで観たかった・・・。

フジロック日曜日。今日も昼過ぎに苗場入りで、最初はKTタンストール。昨日と打って変わっての好天に映えますね。スノーパトロールを途中まで見て、ホワイトでブロークンソーシャルシーン。後ろ髪をひかれつつ一曲程度で奥地へ。オレンジで小野リサ聴きつつトイレ待ちの後、ヘブンでフィッシュマンズ。人が流れないどころか、店がロクに営業できないくらいスペースを埋め尽くす人だらけ。もはやトリビュートバンドではあるけれど、それはそれで意義があることなのかもなぁと実感。グリーンに戻ってラカンターズ。ゴリゴリの70年代ハードロックで、割と楽しめました。ホワイトに移動してバッファロードーターを楽しんで、そのまま待ってスーパーファーリーアニマルズ。去年の来日公演を観なかっただけにどうしても観たかったのだけど、本当にめちゃめちゃよかったーーー!!最後に「フジロックに来てくれたみなさんありがとう!そしてお疲れ!」というメッセージと、当日撮影したフジロック会場の映像を編集して見せてくれて、すんごい感激しましたよ。ここまでサービスしてくれるのはSFAとビースティーボーイズくらいかも。素晴らしかった。最後はせっかくだからハッピーマンデーズで踊り締め。ブラックグレープの曲も飛び出して、さすがお祭りバンドらしく、思ってた以上にノリまくって楽しかったなぁ。

ホテルに戻って先に帰ってた代表引退表明のSさんと寸評を交し合う。人が多すぎる、メシが不味い、雨がつらい、ゴミが多い、トイレが少ない、駐車場が遠い、苗場プリンスが取れない・・・と、やはり年々環境が悪化していることは否めないですね。わざわざフジへ行く必然が出演者のラインナップ以外に、見出すことが難しくなってきたなと感じる10周年でありました。

ROGER JOSEPH MANNING JR. set list
1. Fat Bottom Girls (Queen) 2. Too Late For Us Now 3. The Land of Pure Imagination 4. Go Your Own Way (Fleetwood Mac) 5. Wish It Would Rain 6. The Loser 7. Europa And The Pirate Twins (Thomas Dolby) 8. You Were Right 9. Free Ride (Edgar Winter Group) 10. What You Don't Know About The Girl 11. Creeple People 12. Pretty Please Me (The Quick) 13. Sandman 14. Funeral For A Friend/Love Lies Bleeding (Elton John)

細野晴臣 set list
1. Mr.Sandman 2. Pennies from Heaven 3. Hong Kong Blues 4. Caravan 5. Save the last dance for me 6. Bonnuit Minouche -おやすみおばかさん- 7. Good Morning,Mr.Echo 8. Morgan Boogie 9. Pom Pom 蒸気 10.終りの季節 w./矢野顕子 11.相合傘 w./矢野顕子
encore
12.ろっかばいまいべいびい

Madness set list
1. One Step Beyond 2. Girl I Want To Know 3. My Girl 4. Keep Me Hanging On 5. Embarrasment 6. The Sun and The Rain 7. The Prince 8. Shut Up 9. Iron Shirt 10. House Of Fun 11. Grey Day 12. Bed and Breakfastman 13. Baggy Trousers 14.Our House 15. It Must Be Love
encore 1
16. Madness 17. Night Boat To Cairo
encore 2
18. Swan Lake 19. In The City

Sonic Youth set list
1.INCINERATE 2.REENA 3.100% 4.MOTE 5.DO YOU BELIEVE IN RAPTURE? 6.JAMS RUN FREE 7.CATHOLIC BLOCK 8.RATS 9.TURQUOISE BOY 10.THE NEUTRAL 11.PINK STREAM 12.SHAKING HELL

電気グルーヴ set list
1. N.O. 2. Shangri-La 3. VOLCANIC DRUM BEATS 4. かっこいいジャンパー 5. スマイルレス スマイル 6. 新幹線 7. あすなろサンシャイン 8. リアクティオーン 9. 富士山 10. 虹

Red Hot Chili Peppers set list
1. CAN'T STOP 2. DANI CALIFORNIA 3. SCAR TISSUE 4. CHARLIE 5. FORTUNE FADED 6. READY MADE 7. THROW AWAY YOUR TELEVISION 8. SNOW 9. ME AND MY FRIENDS 10. WET SAND 11. RIGHT ON TIME 12. HOW DEEP IS YOUR LOVE (John solo) 13. DON'T FORGET ME 14. TELL ME BABY 15. CALIFORNICATION 16. BY THE WAY   
encore
17. GIVE IT AWAY

KT TUNSTALL set list
1. ANOTHER PLACE TO FALL 2. OTHER SIDE OF THE WORLD 3. UNDER THE WHEATHER 4. MINIATURE DISASTERS 5. BLACK HORSE AND THE CHEREE TREE 6. UNIVERSE & U 7. FALSE ALARM 8. STOPPIN THE LOVE 9. SUDDENLY I SEE

Snow Patrol set list
1. Spitting Games 2. Wow 3. Chocolate 4. It's Beginning to Get to Me 5. Chasing Cars 6. How to Be Dead 7. Make This Go On Forever 8. Ways & Means 9. Run 10. You're All I Have

Broken Social Scene set list
1. Late Night Bedroom Rock For The Missionaries 2. Shampoo Suicide 3. 7/4 (Shoreline) 4. Cause=Time 5. Fire Eye'd Boy 6. Stars & Sons 7. Superconnected 8. Ibi (dreams of pavement) 9. KC Accidental
encore
10. Where's Your Heart?

フィッシュマンズ set list
1. Go Go Round This World 2. Weathre Report 3. 感謝(驚) 4. In the flight 5. Walking in the rhythm 6. Season 7. ナイトクルージング

The Raconteurs set list
1. HANDS OUTRO 2. INTIMATE 3. LEVEL 4. STEADY, AS SHE GOES 5. TOGETHER 6. IT AIN'T EASY (COVER) 7. BONES 8. BANG BANG (COVER) 9. BLUE VEINS

Super Furry Animals set list
1.SLOW LIFE 2.JUXTAPOZED WITH U 3.RINGS AROUND THE WORLD 4.DRYGIONI 5.GOLDEN RETRIEVER 6.ZOOM 7.ATOMIK LUST 8.HELLO SUNSHINE 9.THE HORN 10.THE INTERNATIONAL LANGUAGE OF SCREAMING 11.RECEPTACLE FOR THE RESPECTABLE 12.ICE HOCKEY HAIR 13.SHOW ME MAGIC 14.DO OR DIE 15.CALIMERO 16.THE MAN DON'T GIVE A FUCK

Happy Mondays set list
1. Loose Fit 2. Kinky Afro 3. Reverend Black Grape 4. Playground Superstar 5. Hallelujah 6. Step On 7. W.F.L. 8. 24 Hour Party People
posted on 2006/08/02
FUJI ROCK FESTIVAL ’02(第2日&第3日) [ 2002.07.27-28. 苗場スキー場 ]
LIVE

FUJI ROCK FESTIVAL ’02(第2日&第3日) [ 2002.07.27-28. 苗場スキー場 ]

昨年度の野宿して朝帰りという強行スケジュールの失敗を反省し、今年は民宿を予約して行ったため格段に気持ちの余裕が増しすぎてダラけまくったフジロック。だからこそ楽しかったんだということを強調したいけど、振り返ってみてほとんどまともにライブ観てなかったことに気付いて苦笑いしたりなんかして。まあでもフジロックとはそんなものだということが今回の二日間でよくわかったわけだし、特別ライブばかり観てなくても十分なほど「僕ら半分夢の中」なロングシーズン状態で開き直れる空間なんですよね。

■7月27日 土曜日
渋さ知らズオーケストラ – green stage
越後湯沢駅近所の民宿に荷物を置いて、既に長蛇の列となっているシャトルバス待ちに耐え、会場に到着したのはお昼の12時をまわったあたり。携帯電話は今年も機能しないことを確認。事前に待ち合わせを決めておくべきでした。会えなかったみなさんごめんなさい。ひとまずタイカレーで腹ごしらえをしてグリーンステージ方面へ。ちなみに渋さはシャトルバスから一瞬だけグリーンステージが見えたときに50人くらいステージに人がいるのが点で見えただけです。悪しからず。

LOVE PSYCHEDELICO – green stage
アルバムが出たときに渋谷でかかりまくっていた知っている曲などが演奏されていました。日本語と英語混じりの歌詞と覚えやすいメロディという、何度聴いてもサザンオールスターズみたいと思わずにはいられません。桑田佳祐が歌ってても何の違和感もないような。3曲くらい聴いて、奥地へ移動。

The Skatalites – field of heaven
この日のお目当てのひとつ。いわゆるジャマイカのスカの元祖というべき存在でその大昔には若き日のボブ・マーリィとのレコードも残されているスカタライツのみなさん。60年代に活動してた人たちということで、フジの暑さに今日のステージで死んでもおかしくない高齢者なので、今回観ることができて本当に良かった! それでも既に何名かは他界しているので、かつての楽団のような大人数と比べると再結成後のスカタライツは随分人数が少なかったです。ただそれでも演奏は驚くべき肺活量で楽しい音楽を美しい音色で響かせていました。元気に弾けてる姿もステキでしたよ。

☆Jude – white stage
しばらくアバロン・フィールド近くの木陰で休んだ後、通りすがりと隣りの小川で手を冷やしたりしてたときに聞こえてただけですが、「ガソリンの揺れ方」がちょっと懐かしかったです。ここ最近、いろんな名前で活動してきたベンジーですが、単に飽きっぽいだけなのか、バンドがビッグな存在になるのを避けてるのか、しっくりくるスタイルが見つからないのか、ブランキー解散以降、ライブは相変わらず好きみたいだけど、活動形態が落ち着かないのが少し気になります。

井上陽水 – green stage
屋台エリアで休んでいたら「傘がない」が聞こえてきてグリーンへ。しばし初めて耳にする陽水さんの生の歌声に聞き入っていたら「リバーサイドホテル」のイントロが! やはりこの手の大御所はフェスティバルに映える存在感がありますね。中学の頃、当時そこまで好きではなかったけど、陽水さんのベスト盤を買って聴いてたことを思い出してしまいました。予定があって途中で移動しちゃったので、また機会があればじっくり観てみたい。「氷の世界」もやってたのかぁー。

The White Stripes – red marquee
話題の姉弟ふたりバンド。勢いを感じさせつつも表現の限界も同時に感じられ、数曲で退場してしまった。ブルースロックにしては佇まいはとってもクールでした。

Pet Shop Boys – green stage
文句無く最高だったのが、このペットショップボーイズ。ロックバンド形態だったためエレポップにかかわらずライブサウンドが重厚なつくりで夜のロックフェスにもってこいの雰囲気を生み出してくれた。知らず知らず耳にしていたヒットソングのオンパレードで僕もまわりもノリノリの大騒ぎ! 絶頂でひとつになった今年のフジロックのベストアクト。ダンシンデスコ! 楽しかった!

☆Sonic Youth – white stage
この日の最後は満を持してのソニックユース。ジム・オルーク加入後に観るのは初めてだったし、最新作が良かっただけに楽しみにしていた今回のライブですが、これほどまともなのも珍しいと思うくらいロックでソニックユースでした。やはりソニックスがソニックスそのものをやると最強にカッコいいということが改めてわかりましたね。キム・ゴードンがミニスカで跳ぶは回るは気合入ってたのには驚き。ジムはナルシスト全開で派手にロックスターみたくギター&ベースを弾きまくってたけど、さすがに上手いと思った。全員が大ベテランのテクニシャンだから横道にそれがちなんだろうけど、この日のステージは本当にまっすぐで素晴らしかったです。

無事に観たかったライブを消化して終了した土曜日のプログラム。しかし、このあとの湯沢駅へのバスで立たされるという酷い仕打ちはこの疲れた身体には辛すぎた。30分強の大試練。天国と地獄の分かれ目で運悪く地獄を強制されたことを思えば、来年は少なくとも苗場近郊で宿を確保したいと願わずにはいられない。フロに入り、宿の布団で寝れる幸せを感じつつ消灯。

■7月28日 日曜日
不思議と早起きしちゃって、体力もほぼ回復。足の裏の樹液シートのベタベタ樹液を落として、いざ出発。バスの待ちも少なくてよかったけど、椅子には座れず連敗。つらいのがわかっているだけに、堂々と床に座る。会場に運ばれて電話を試すもこの日もダメみたい。タイラーメンを食って、フィールド・オブ・ヘブンへ向かう。

Polaris – field of heaven
開演前に本人たちの演奏が始まって一曲終わるなり「リハでしたー」と一言。その後の本番ではダビーな残響を効かせつつ、苗場の青空の下、とても気持ち良く聴くことができました。ライブだと曲が余計にかなり長くなってしまうのが、ちょっと気になるところ。

The Sonic Youth Experimental Noise Improvisational – field of heaven
森林の中で休憩中に音だけ聴くというか、聞こえた。昨夜の本気のがんばりもこの日の余興があるためか? まともに聴いてもしょうがないようなノイズ、雑音ですよ。わけわかんねぇ。こういうのも本当に好きなんだろうけど、見せるようなものじゃないと思うんだけど。

元ちとせ – field of heaven
同じく森林の中で休憩中に音だけ聞こえた。彼女は観に行ってもよかったと思うんだけど、なんとなく動くのがイヤでゴメンナサイ。シュガーキューブスの「BIRTHDAY」やってましたよ。懐かしいですね。そういえばシュガーキューブスのアイナーって、いまどうしてるのでしょう?

ザ・ハイロウズ – green stage
ヒロト見たさにちょっとだけハイロウズへ。「相談天国」「ミサイルマン」と懐かしの曲に喜ぶ。ズボン下ろしてたけど、遠すぎてよく見えなかった。終了後は屋台エリアの苗場食堂の裏側の木陰で3時間ばかしダラダラ過ごす。ビールにフローズンカクテル、サワーなどでノドを潤し、野菜カレーや焼き鳥、カラアゲなどで腹を満たす小宴会。

Doves – red marquee
ベースキャンプを利用させてもらうつもりだったのに連絡が取れないままだった某氏から電話が入り、氏との昨年サマーソニック以来の再会を果たす。出会い頭、氏のVサインにちょっと動揺するも、なんとかその他の仲間のみなさんともごあいさつ&記念撮影。で、ダヴズですが、異様なほどお客さんが盛りあがっていてビックリ。セカンドアルバムを全く聴いてないので、ファーストの曲には僕も大喜び! やっぱファーストの方が渋くて好きだな。年の割にはみんな元気でした。最後のダサめなデスコチューンもよかったです。さすが元SUB SUBのおマンチェ組!

Jane’s Addiction – green stage
ついに初来日を果たしたジェーンズ・アディクション。登場するなり宝塚チックなハデハデ衣装でワインをラッパ飲みして妖しい笑顔をふりまくペリー・ファレルのショーマンとしての姿勢はスバラシイ! これが見れただけで満足です。

Red Hot Chili Peppers – green stage
記念すべき大嵐に破壊された第一回フジロック大会のリベンジマッチという今回の大トリ。雲のような霧のようなものが立ちこめる危うい雰囲気ではあったけれど、最後まで天気が崩れること無く、見事にそのステージを務め上げたレッチリ選手。風が出てたため多少音が流されたりもしたけど、パフォーマンスとかも関係無く、その立ち姿に感動してしまっていたような、小さく寄り集まってお互い顔を見合わせて演奏しているシーンが本当に素敵だったけど、このバンドの結束こそレッチリのすべてなわけで、観ていて本当に幸福感が伝わってきましたよ。ジョージ・クリントンの嬉しすぎる乱入もあって、最後の「Freaky Styley」〜「Give It Away」は会場中が空前の盛りあがりに! アンコールでの「Under The Bridge」ではジョンがステージ脇に腰掛けてギターイントロをスポットライトを浴びながら弾いたのがとても印象的でした。最後は「Me & My Friends」で派手派手しくステージを去る。否が応にも感動してしまって、ロックな生き様を見せつけてくれた本当に素晴らしいライブでした。

そんなわけで全日程が終了。帰りのバスはなんとか座れて、スッキリした気持ちで苗場を去ることができました。天気も良かったし、楽しい楽しいフジロックでした。みなさん本当にどうもありがとう。チケット代が下がることを期待しつつ、また来年も狙ってみます。

井上陽水 set list
1.傘がない 2.夕立 3.アジアの純真 4.コーヒールンバ 5.リバーサイドホテル 6.嘘つきダイヤモンド 7.飾りじゃないのよ涙は 8.少年時代 9.My House 10.氷の世界 11.最後のニュース

Pet Shop Boys set list
1.HOME AND DRY 2.BEING BORING 3.LOVE COMES QUICKLY 4.I GET ALONG 5.DRUNK 6.DOMINO DANCING 7.NEW YORK CITY BOY 8.ALWAYS ON MY MIND 9.SEXY NORTHERNER 10.WHERE THE STREETS HAVE NO NAME (I CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU) 11.BIRTHDAY BOY 12.WEST END GIRLS 13.LOVE IS A CATASTROPHE 14.GO WEST
encore
15.LEFT TO MY OWN DEVICES 16.IT'S A SIN

Sonic Youth set list
1.COTTON CROWN 2.BULL IN THE HEATHER 3.THE EMPTY PAGE 4.RAIN ON TIN 5.ERIC'S TRIP 6.PLASTIC SUN 7.RADICAL ADULTS LICK GODHEAD STYLE 8.KISSABILITY 9.DRUNKEN BUTTERFLY 10.KAREN REVISITED 11.SYMPATHY FOR THE STRAWBERRY 12.CANDLE 13.KOOL THING
encore
14.DISCONNECTION NOTICE 15.SILVER ROCKET

Polaris set list
0.瞬間 1.Slow Motion 2.星と願うなら 3.4:30am 4.光と影

Doves set list
1.POUNDING 2.THERE GOES THE FEAR 3.SEA SONG 4.WORDS 5.N.Y. 6.SATELLITES 7.CATCH THE SUN 8.THE CEDAR ROOM 9.HERE IT COMES 10.SPACE FACE

Red Hot Chili Peppers set list
1.BY THE WAY 2.SCAR TISSUE 3.AROUND THE WORLD 4.UNIVERSALLY SPEAKING 5.OTHERSIDE 6.THE ZEPHYR SONG 7.CAN'T STOP 8.PARALLEL UNIVERSE 9.DON'T FORGET ME 10.RIGHT ON TIME 11.THROW AWAY YOUR TELEVISION 12.I COULD HAVE LIED 13.VENICE QUEEN 14.CALIFORNICATION 15.BOTH SIDES NOW (John Frusciante solo) 16.FREAKY STYLEY 17.GIVE IT AWAY
encore
18.UNDER THE BRIDGE 19.ME AND MY FRIENDS
posted on 2002/08/04
BY THE WAY / RED HOT CHILI PEPPERS
ALBUM

BY THE WAY / RED HOT CHILI PEPPERS

アメリカで最もシリアスなロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ。メンバーの老けきった写真はマジなのかギャグなのか多分に気を抜かせてくれるのが嬉しい。相変わらず滑舌のいいアンソニーのボーカルと一音一音が物言いたげなジョン・フルシャンテのギターがとにかく素晴らしい。ファンクなノリは影をひそめたが、強力な存在感はなおのこと大きくなっているように思える。フジロックのステージが本当に楽しみだ。台風が来ても見届ける覚悟で臨みたいと思う。

posted on 2002/07/19

PAGE TOP